読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お葬式日記

さいたまNPO市民助葬会当会代表の想いをつづった日記をまとめました。

また事前のご相談です。

本部の所沢店は、ふらっとお越しになる事前相談が本当に多いです。

ありがたいことです。

経済的なお葬式をするための絶対的なポイントは三つあります。

①公営斎場を利用する

②事前相談にて概算と段取りの説明を受ける

③他社と比べて見る

があります。わかりきっているとは存じますが、実は落とし穴がある場合もあります。

詳しくご説明すると...

 

最近、他社広告などで含まれるものと、含まれないものの安易な表示が目立ちます。

いわゆる「追加費用ありません」です。

私の目から見ると、含まれないものの表示が不十分な葬儀社が多くあるようです。

当会では、含まれないものを事前に表示し、丁寧な説明をこころがけるよう努めています。

 

この度のご相談者さまも、所沢市斎場の話になると、「斎場は混んでるんでしょ」と話されていましたが、一年間通しで見ている私から申し上げると

年がら年中込み合っている訳ではありません。

年末年始や友引明けでたまたまご不幸が重なっている時でしょうか...

日常の生活のなかで、

「斎場はすいているな~」など話題にはならないと思います。

逆に、たまたま込み合っていた時に利用した方の話が、いつもに置き換えられている場合多いようです。また、自社式場をお持ちの葬儀社が情報をコントロールしている場合もあるように感じます。

 

他社比較のケースでは、互助会さんのお見積書を持ってこられる方が多い傾向です。

豪華で立派な設えも宜しいと思いますが、それを良しとしない方々には実質本位な当会のお見積りに満足される場合が多いです。

出来るだけ追加利用がないように事前にハッキリとした料金提示をいたします。

揉める原因がありません。

f:id:josoukai:20161019110128p:plain

職員が手書きでつくりました。気に入っています。