お葬式日記

さいたまNPO市民助葬会当会代表の想いをつづった日記をまとめました。

書類ミス発生!ご注意ください。

この度のご葬儀に際し、当会で諸手続きの代行をサービスいたしております。 病院(医院)から死亡診断書(死体検案書)の代理受領がありますが、その際に医師の所見ももちろん重要ですが、故人名及び生年月日が記入されています。 この度の間違えは、旧漢字の間…

お遺骨、ゆうパックで送れます。

所沢市斎場にて、直送(ご火葬のみ)が終了いたしました。 他県からこの日時に合わせ、二名様電車でお越しのようです。 ご火葬のみでも手抜かりなく当会からは二名で事を進めます。 お別れ~釜入れ~待合い(相続相談)~収骨と不備なく進みます。 ご収骨が終わ…

直葬から海洋散骨まで

所沢市斎場にて直葬(ご火葬のみ)のご葬儀です。 お釜入れの前にお別れ室にて僧侶の読経~焼香~お花入れ~最後のお別れ(柩にお入れしたい物、当会からは、ご飯とダンゴをお持ちしました)お気持ちの整理がつきましたらお釜入れと手順を踏んでいます。直葬だか…

ご自宅で本膳料理です。

ご自宅での家族葬(1日葬)が無事に終了いたしました。ご不幸が多いことに喜ぶ方はいらっしゃいませんが、以前にも葬儀をお世話になりました喪家さまです。 ご夫婦そろって其々の会社を経営されていてお忙しい方です。 会社に別件でおじゃましても、いつもニコ…

新しい生花です!

お供えの生花の感じも時代とともに変わってきました。 昔は白あがりの菊中心だったのが、現代ではもっと華やかな色合いへと変化しているようです。 黄色やピンクも良いと思いますが、当会で最近特にご用命いただくひとつに、紫系の上品な設えが女性陣に人気…

すぐ、やります!

昭和のころから現場を見てきましたが、最近の葬儀社の仕事はご葬儀が終わってからに、その手腕を問われることが多いように感じます。 当会でも多く実践しています。 ①七七日までの段取り(結構、こまごました課題も各喪家さまございます) ②相続手続き(相続放…

事前購入いただきました。

今日は、暖かい日なので、ふらっと事前相談でお客様が来店です。 本当に来店が多い葬儀社になりました。ふらっと入れる店舗運営を心がけていますので、嬉しい限りです。 他店では、かき氷やパンを売ったりして、サービスに努めている葬儀社店舗もあるようで…

また事前のご相談です。

本部の所沢店は、ふらっとお越しになる事前相談が本当に多いです。 ありがたいことです。 経済的なお葬式をするための絶対的なポイントは三つあります。 ①公営斎場を利用する ②事前相談にて概算と段取りの説明を受ける ③他社と比べて見る があります。わかり…

立ち寄りやすい店舗です。

事前相談です。お昼過ぎでしょうか、ふらっと自転車でご婦人が来店です。 当会の場合、このパターンが多いです。 事務所を開設して18年になりますが、立ち寄りさすさを一番に店舗運営して参りました。 ご覧のとおの、豪華ではありませんが庶民的だと思います…

再度のご指名。

今朝方にお電話をいただきました。こちらのご親族様の関係でご葬儀をお世話になるのは四回目です。ご不幸が多いことはさぞお辛いことと存じます。 病院対応の葬儀社もあるようななか、当会にご指名いただき身が引き締まる思いです。 同様の回数に東大和市の…

しっこいセールス

この度のご葬儀も無事終了いたしました。ご葬儀が終了すると一斉にセールスの電話やカタログ郵送が始まるようです。中には、葬儀中にも関わらず訪問する輩もいるようです。 仏壇、霊園、ギフトなどの一部の業者です。 この度の喪家様には、予めお教えしてお…

気遣いの方

この度も無事にお葬儀が終了しました。ご相談の段階からお葬儀後に渡り度々、喪家様に訪問いたしました。その度に暑くないですか、コーヒーを持って帰ってとか、飴をどうぞとか、いろいろと気遣いの喪主様です。恐縮してしまいます。 不思議なことに、この方…

怪しい出来事?

さいたま市の方から電話です。何やら尋常ではない様子です。娘様からで、親御さんはホームに入居されていました。 生前中、本人が何やら葬儀の会?に入会していて、そのメモや証書が出てきたとの事でした。そこには、事前に葬儀代金が払い込まれていた履歴が…

所沢市斎場の交通手段

お通夜で所沢市斎場に来ています。今回はお車以外での交通アプローチをご案内いたします。どちらにしても最寄駅は西武新宿線の航空公園駅になります。東口から下車いたします。西武バスを利用する手段もありますが、三っある到着バス停から斎場まで、かなり…

故人の想いをいつまでも...

この度のご葬儀も無事に終了いたしました。公営所沢市斎場をお借りして家族葬プランです。葬儀が終わってからの方が当会は忙しいです。何も物売りに訪問するのではなく、四十九日法要までの段取りお手伝いです。他に発生しているご葬儀に平行してスケジュー…

所沢市斎場以外では...(所沢)

公営所沢市斎場も、たまに込み合う時があります。年末年始や夏場でしょうか。斎場はいつも混んでいるという一般市民も少なくありませんが、自社斎場をお持ちの葬儀社が情報をコントロールしている場合もあるかもしれません。年がら年中混み合っている訳では…

桐ヶ谷斎場です。(品川)

東京都内の方からご依頼です。 品川区の桐ヶ谷斎場に来ています。二回目です。都内の火葬業務、葬儀式場を一手に担う民間施設だけあって綺麗ですね。値段もそれなりにしますが... 都内の斎場に来て、最初に思うことは場内が「静か」です。地方の斎場と反比例…

知って得する葬祭講座(所沢)

第142回 市民のための葬祭講座 日時 ./ 8月28日(日)14:00~14:45 場所 / 所沢中央公民館、1階学習室1号 講師 / 当会代表理事 羽鳥雄一郎 所沢市元町27-5 所沢駅西口・航空公園駅西口から徒歩15分位 テーマ / 直葬・家族葬を考える 定員 / 24名 事前の予約を…

お礼のお手紙(所沢)

お葬儀が終わり、お手紙をいただくことがあります。少しでもお役に立てることができたかと思うと、ありがたいことです。他社のウェブで、この手のお手紙の文章が写真で「これ見よがし」に掲載しているところが少なくありません。 ウチではやりません。 職員…

新手の葬儀社について(所沢)

ご火葬のみの仕事で所沢市斎場に来ています。 開設当初から30年もの間、斎場に出入りしていると現場では古株の方になっていました。そのせいか葬儀社の顔ぶれは大体わかりますし、若い人のなかには、わざわざ挨拶してくれる人もいます。 そのようななか、…

感謝の心

本部の所沢店は沿道に面した賑やかなところにあります。美原小学校の通学路にもなっていてみなさん元気です。職員が手書きした看板を出しています。 ある時、その看板のまえで小学2~3年生とおぼしき男子児童が地面に正座して手を合わせて何やら拝んでいます…

沖縄県より...(沖縄県)

昨年にお世話になりました方です。最愛の娘様が不慮の事故で他界なされました。悲しいお葬儀でした。沖縄県よりご両親がお見えになり、滞在期間中も懸命にお手伝いした記憶があります。本日、宅急便でマンゴーが送られて来て、時期的にお中元かなと思ってい…

臨海斎場です。(大田区)

初めて、臨海斎場に参りました。大田区、港区、世田谷区、品川区、目黒区の広域組合で運営されています。組合以外の方でもご利用いただけます。都内を抜けるのに一苦労でしたが、ご指名いただきありがたいことです。東京都内では最後の公営斎場とも言われて…

斎場の選択権(所沢)

公営所沢市斎場に来ています。この度のお客様は日高市の方です。事前相談の結果、所沢市斎場を市民外利用することになりました。日高、飯能、狭山の方は広域組合を作り一つの飯能斎場を運営しております。日高市の方の場合、葬儀社から何の説明もなかったり…

熊谷市でお通夜です。(熊谷)

熊谷市の公営斎場「メモリアル彩雲」に来ています。今回で三度目となります。小さい方の式場を利用いたします。資料には表示されていない、いわゆる私ども業者が言う、現場合わせが重要です。前日に斎場へ事前見学に行ってまいりました。職員の方も手取り足…

茨城県に来ています!(茨城県)

茨城県のお客様からご依頼です。同県は公営斎場が埼玉県と比べ驚くほど充実しています。この度は、お住まいの組合により「ヘキサホール・きぬ」を利用させて頂く運びとなりました。実務に30年携わっておりますが、一番良いですね。その佇まいというか、雰囲…

飯能斎場のポイント(飯能)

飾り付けのため飯能斎場に来ています。久しぶりです。飯能市の方からご依頼いただきありがたいことです。ご希望は1日葬です。斎場利用に関してポイントがあります。霊安室の数が圧倒的に少なく、一杯の場合は注意が必要です。この度のように1日葬の場合、…

ご出棺のポイント(川越)

川越市民聖苑やすらぎのさとで告別式のお手伝いに来ております。やすらぎのさとは葬儀式場(6式場)のみとなり、火葬は別の川越市斎場で行います。両施設の距離はおよそ車で20分位の位置関係です。やすらぎのさとのご出棺に幾つかのポイントがあり当会では実践…

ますます便利に(川越)

お通夜で川越市民聖苑ゆすらぎのさとに来ています。 現在、葬祭式場専用施設「やすらぎのさと」と火葬施設「川越市斎場」と二つが別々の場所で運営しています。 まもなく、川越市斎場がやすらぎのさとの前に道一本隔てた場所に引っ越してまいります。 同一施…

公共施設の大切なルール

ご火葬のみの仕事で所沢市斎場に来ております。定刻に到着しましたが前の方が詰まっているようで釜入れできません。何があったのか奥に見に行くと、火葬炉の入り口で担当葬儀社と思われる女性が涙ぐんでいます。その前の光景で意味がわかりました。火葬場職…